副業で始めるネットショップ 3つのデメリットとは?

商品
副業か専業かページで説明したとおり、ネットショップは副業で始めるのがおすすめです。
さて、では副業で始めるにあたって、最初に副業で運営することのデメリットもあることをシッカリと覚えておいてください。
デメリットの前に、まずはメリットから。



副業で始めるネットショップのメリット

副業で始めるネットショップのメリットは3つあります。

1.収入の心配が無い
2.小さい規模からスタートするので手間が最小限で済む
3.少しずつ慣れるための練習が出来る

まず、1の収入の心配が無いメリット。これは本業からの収入が確保されているので、ネットショップが赤字でもあせることがありません。生活は本業のほうでやりくりできます。

2の「小さい規模からスタートするので手間が最小限で済む」は、まさにそのままです。ネットショップって楽そうだな~と思って始めた方に限って、その手間の多さに辟易するものです。
以外に細かい作業が山積みなのがネットショップ運営です。最初から大規模ショップを立ち上げてしまうと、隅々まで目が行き届かず、運営がおろそかになってしまうことも多々あります。最初は小さい規模がおすすめです。

それと同じカテゴリーになりますが、3「少しずつ慣れるための練習が出来る」ということ、これがとても大事です。
お客様は、このお店が新米店長の未熟なショップだと思って購入しているわけじゃありません。他の大企業が運営するショップと同等のサービスを期待して、商品をわざわざ当店で買ってくれるのです。その期待にこたえるだけの「誠意」を持って、対応しなければなりません。
その点、小さい規模からスタートすれば、丁寧に、1つ1つの注文に手間をかけて対応することが出来ます。最初はとにかく丁寧に、大切に対応することで、徐々に慣れていき、いつしか真心サービスが身について、作業スピードもアップします。
それまでの慣れるための準備期間として、最初は小さい規模で副業でスタートするのがおすすめなのです。こういった、副業で始めることのメリットがあります。

副業で始めるネットショップのデメリット

では、デメリットはあるのでしょうか。

<3つのデメリット>
1.運営がおろそかになりがち
2.モチベーションが上がらない
3.売上げがなかなか立たない

1「運営がおろそかになりがち」と言う点です。やはり本業があるため、本業の仕事が大変だったり、残業続きだったりすると、ネットショップに手を書ける時間が無くなってしまいます。これが副業のデメリットの一番大きい部分です。
休みの日にまとめてやろう、と考えていても、休みは休みで色々な用事が入ってきます。友達と遊ぶ約束が入れば、どうしてもそちらに魅力を感じてしまいます。今度は、平日の夜にやればいいや、と思い、平日は残業で疲れ果て・・・という、負のサイクルに陥ることも。

2「モチベーションが上がらない」ことは、これも負のサイクルの1つです。そもそも、スタート時点では先がまったく見えません。先の見えないものに対して、モチベーションを上げていくのは至難の技です。ネットショップ開業にかかわらず、世の道理として、不安の中ではモチベーションは維持できません。

3「売上げがなかなか立たない」、これは最初から分かって始めたことです。副業か専業かページで説明したとおり、ネットショップ開業から1年程度は赤字覚悟、と言うところからスタートしています。それが副業で行うことのデメリットでもあり、実はメリットでもあるのです(参照)。

これらの3つのデメリットをもってしてでも、やはり副業で始めるほうが、専業で始めるよりもリスクは少なくすみます。自己管理、自分の気持ちを上げていく、というコントロールができるかどうか、このあたりがネットショップ成功の鍵になります。

次へNEXT→ ネットショップを専業で始めるメリット3つ >

スポンサーリンク
スポンサーリンク