ネットショップ開業の段取り分かってる?順番まとめ

商品
みなさん、ここまでネットショップ開業前までの必要事項をチェックしてきました。
では、ネットショップを開業するまでのやること、TODO、順番などの段取りをわかっていますか?
どういった順番で物事を進めていけば、一番簡単に、間違わずに開業までこぎつけるか、今回は「ネットショップ開業に向けての段取り」について、自分の経験を交えてお話します。



ネットショップ開業の段取り・やること

ネットショップを開業するんだ!と決めたら、さて、いったい何から手を付ければいいでしょうか。
順番に考えて見ます。

1<イメージ>
まず、自分の開くショップのイメージ、取り扱う商品のイメージを確定します。頭の中だけでまずは考えて、たとえば「サッカー関連のショップにしたいな・・・」と思ったら、どんな商品を売るサイトなのかをはっきりとイメージします。
ほぼイメージがかたまったら、次の段階へ進みます。

2<下調べ>
その商品についての下調べをはじめます。仕入先やライバルショップなどをチェックします。自分が作りたいネットショップに良く似たライバルショップを探し、どんなものを売っているのか、仕入先などをチェックします。

3<仕入先チェック>
つぎに、仕入先をさがします。現段階では探すだけ、下調べの段階です。まだネットショップも作っていないのに、現段階で仕入先に取引をお願いしても門前払いなだけです。あくまでも、現段階では「こんなメーカーのものが仕入れられたらいいな」という下調べだけです。取引希望メーカーリストを作って見るといいでしょう。

また、ネット仕入れサイトも、たくさんあります(例:ネット仕入れ《オロシ─》)。登録さえすれば仕入れができる、卸ショップのようなものです。掛け率は少々高いですが、こういった簡単に仕入れが出来るサイトに登録するだけで、かなりの商品をそろえられます。
しかしながら、現段階ではこういった仕入れサイトにも登録は早いです。
登録するときに「ショップURL」などを入れて審査をしてもらうため、ショップをある程度作ってから出ないと、登録できません。
今は「こんな仕入れサイトがある」と調べてチェックしておきましょう。

4<ネットショップ作成>
そして、大体の下調べが終わったら、まずは真っ先に、ネットショップを作ってみるのです。
商品はもちろんありまえせんが、ショップだけは一番最初に作らなければなりません。
なぜなら、どんな取引・契約にも必ず「あなたのネットショップはどれですか」という項目があるからです。取引先も、まずはそのネットショップを見て、取引できるかどうか判断します。
商品を並べるために、最初にネットショップを作ります。
このネットショップつくりに関しては、こちらの「ネットショップ製作」カテゴリーページでじっくり説明していますのでご覧下さい。
現在は30分で簡単にネットショップが作れてしまうサイトやアプリ、カートツールがありますので、誰でも手軽にショップ製作はできてしまいます。とにかくまず!売るものがなくてもショップを作ります。

5<仕入れサイト登録>
だいたいサイトが出来てきたら、仕入れサイトに登録します。たとえばネット仕入れ《オロシ─》
なら、本革使用のバッグや財布など、女性向けの商品が多数仕入れられます。
一番最初にこういった「卸サイト」に登録し、何点か好みの商品を仕入れるのです。そうして、商品を売っている形態を作れば、本当に仕入れたい商品を仕入れる足がかりになります。
仕入れサイトで入荷すると、商品画像も無料で手に入ります(見本)。
無料でもらった商品画像を使って、ショップに商品登録をします。仕入れサイトに「商品説明」なども書いてあるので、それをうつして掲載は完了!
できれば仕入れサイトなどで、10アイテムほどの商品を仕入れて(1商品1こずつでOK)、10ページほど商品ページを作ります。その程度あれば、次のステップで信用ができます。

とりあえず支払い方法は「銀行振り込み」のみでショップを作ります。支払い方法にはさまざまなものがあり、クレジットカードなどは後ほど追加していきます。最初の段階では、「本当に仕入れたいものを仕入れるために、簡単なネットショップを作る」ことが先決です。そのためには、なんの契約も必要の無い、「銀行振り込み」で販売します。
そして、ある程度のショップの形が出来たら、自分で調べたメーカーに、直接電話をかけたりメールをして、お取引のお願いをします。

6<撮影>
ようやく本当に仕入れたい商品を仕入れることが出来たら、商品の商品撮影をして、早速ショップに商品ページを作ってみましょう。

8<契約>
商品ページが出来たら、クレジット会社との契約と、配送会社との契約をすすめます。クレジット会社との契約は、ネットショップを作るときに借りたカート会社で、同時に手続きが出来ますので、安心してください。たとえば、カラーミーショップでカートを借りれば、イプシロンというクレジットカード会社と契約できます。
カート会社を通じてクレジットカード取引を申請したら、この結果が出るのが、だいたい1ヶ月ほどかかります。

同時に宅配業者との契約も進めます。これは、最初はたぶんかなり高い利率での契約になると思います。たとえば、コンビニで出す宅配料金とまったく同額など。最初はいたしかたありません。だんだん売上げが伸びてきたら交渉ができますので、まずはとりあえず、契約だけはシッカリと行ってください。クロネコヤマトや佐川急便に電話をすれば、担当者が書類を持ってやってきてくれます。

9<オープン>
そして、ここまできたら、梱包資材やコピー用紙をそろえて、お店をオープンさせます。梱包資材や備品の仕入れについてはこちらで説明しています。
実際には銀行振り込みでお店はオープンさせていますが、安心してください、きっとここまでは1商品も売れませんから。
クレジット会社との契約をまつと1ヶ月先になります。早くスタートしたかったら、配送業者との契約が完了したらすぐに、代金引換払いの支払いが使えるようになるので、最初は支払い方法が「代引き・銀行振り込み・郵便振替」のみでもかまいません。
クレジット会社との契約審査がとおったら、クレジットカード払いも追加します。クレジットカードが使えるようになったら、急に売れ始めますので楽しみにしていてくださいね♪

ネットショップ開業の段取りまとめ

上記のながれで、ざっと進めていきます。1つ1つは、この後解説していきます!

次へNEXT→ 自分だけで出来る?ネットショップ運営に必要な人数とは? >

スポンサーリンク
スポンサーリンク