売上げアップの秘密は、ずばり単価アップ!

商品
ネットショップを運営するからには、やはり儲けることが大切です。
売上げは多ければ多いほうが、モチベーションもあがり、ネットショップも長く続けられます。また単純に、自分の選んだものがたくさん売れることは、とてもうれしいものです。
まだ開業する前なのに、もう売上げのこと?と思う方もいるかもしれません。でも、開業前にすでに出来ることがあります。



単価アップが鍵だ!

ネットショップを長く続けていくためには、やはり黒字であることが大切です。そのためには、1円でも多く儲けなければいけません。
儲けるための秘策はいろいろありますが、開業前に出来ることのひとつに、商材選びがあります。
商材選びの選び方については、カテゴリー「商品・商材選び」に詳しく書いてあり済ますので、まずはそちらをお読みください。

さて、選んだ商材・商品ジャンルで仕入れをスタートするのですが、その前に考えなければいけないのは、顧客単価についてです。
分かりやすいように具体例を上げますね。
昔から趣味だった文房具ショップを始めるとします。自分の好みとしては、かわいいファンシーなメモ帳や、香り付きの消しゴム、昭和のキャラクターの鉛筆などを集めるのが好きです。
趣味の文具のお店を持てることがうれしくて、仕入れも楽しんでワクワクしながら商材を選んでいます。
でも、ちょっと待ってください。
あなたの趣味が「メモ帳集め」だったとしても、それはネットショップにはかなり不向きです。
なぜなら、単価が数百円だから。
メモ帳1つ300円のものを、1個売っても、儲けはほんの少しです。
ましてや、送料もかかってしまうなら、お客様は一人も来ないでしょう。

ここで視点を変えてみます。
文具は好きだけど、メモ帳や鉛筆消しゴムでは、ネットショップとして運営存続するのは難しい。だから、文具の中でも高級な「万年筆」「牛革の手帳」にこだわったショップにしてみてはどうか。

そうです、好きなジャンルのネットショップを始めることはおすすめですが、好きなアイテムについては、顧客単価を考えた商材選びをすることが、ネットショップ成功の鍵となります。

顧客単価とは・・・
買上客の一人当たり買上総額のこと。店舗の売上総額を買上実人数で割ると、平均的な客単価が計算できる。売上総額を増大するためには、買上客数を増加させるか、客単価を上昇させるしかない。客単価を上昇させるためには、より高額の商品購買へ客を誘導する方向と、数多くの関連商品を買ってもらう方向とがある
(http://www.weblio.jp/)

つまり、顧客単価を上げるための、開業前に出来ることといったら、「高額商材をそろえること」です。
ただし、コストパフォーマンスの良い高額商材です。
どこにでもあるメモ帳が3,000円もしても、確かに高額商材ですが売れることは無いでしょう。
品質に見合った、良質の高額商品をそろえることで、顧客単価は上がり、その後の更なる売上げアップへの下地となります。

文具なら万年筆、化粧品ならエステコスメ、雑貨屋なら木製雑貨専門店など。アイデアによっておもしろい専門店が開けます。

次へNEXT→ 売れる商品選びに必要な3つのポイント >

スポンサーリンク
スポンサーリンク