ネットショップ開業の3つのメリットとは?

商品
みなさんは、どうしてネットショップを開業しようとお考えですか?
「簡単そうだから」「気楽そうだから」そんなイメージでしょうか。
実際のところ、実店舗を持って開業ことを考えると、ネットショップのほうがずいぶん楽に開業できるのは事実です。
でも、本当の「ネットショップ開業のメリット」は、もっと別のところにあるんです。



ネットショップ開業の3つのメリットとは?

ネットショップを開業することの、あなたへのメリットは3つあります。

1.低予算でスタートできる
2.人を雇う必要が無い(スタート時点)
3.リスクが小さい

という3点です。
1つずつ見ていきましょう。

1.低予算でスタートできる

これは言わずもがな、です。
実店舗でなにかしらのショップを開業することと比べて見ましょう。実店舗の場合、ネットショップでは不必要な用意がたくさんあります。

・店舗の用意・・・敷金・礼金・家賃など数十万円必要です。

・人件費・・・お昼ご飯や休憩のためにも、一人でショップを切り盛りするのは不可能です。だれか最低でももう一人雇う必要があります。アルバイトを1日5時間雇ったとしても、1ヶ月で12万円くらい必要です。

・仕入れ・・・実店舗が品薄では、お客様はリピートしてくれません。ある程度の在庫があり、棚には商品が並んでいなければ、この店は商品が揃っていない、と判断されて固定客が付かなくなってしまいます。店舗の広さや商品の大きさにもよりますが、最低でも150品程度はスタート時にそろえる必要があります。

・宣伝費・・・お店が忽然と出来たところで、お客様は、いらしてくれません。どんな店なのか、どんなサービスがあってどんな商品がおいてあるのか、ある程度の宣伝は必須です。また、開店時には開店特別サービスなども行って、人を呼ぶ工夫をするためにも、宣伝には数十万かけることになるでしょう。

これらはすべて、町に実店舗を作る場合の、最初に必要な費用です。
ネットショップを開業する場合、これらはすべて、不必要・もしくは最小限になります。

店舗は必要ないし、人も雇う必要はありません。仕入れも、スタート時点ではそれほど品数は無くてもだいじょうぶ。売れてから仕入れる方法すらあります。
宣伝は、のちのちに店を大きくするためには必要ですが、スタート時点での宣伝は、私は薦めません。これはおいおい広告についてのページで説明していきます。

2.人を雇う必要が無い(スタート時点)

1の実店舗との比較でも書きましたが、人件費がかからないことは、ネットショップ開業の最大の魅力と言ってもいいでしょう。
人を雇わないでよい、ということは、人件費がまったくかからないというメリットだけでなく、さまざまなメリットが含まれます。
まず、自分の好きなときに休むことが出来ます。
取り扱う商材にもよりますが、たとえばスキー用品のお店の場合、自分ひとりで運営していれば、思い切って真夏に1ヶ月の休暇をとることだって出来ます。
インフルエンザにかかってしまったときには、1週間配送はお休みする旨の明記をして、開店休業とすることも出来ます。
人を雇わないということは、「時間が自由に使える」ということです。
夜型人間のあなたなら、ネットショップ運営は夜の21時から深夜2時まで。昼間は寝たり遊んだりしてすごすこともアリです。
また、運営が芳しくなく、儲けが少ないときでも、自分ひとりの給料ならなんとかなりますが、人を雇っていると、儲けが無くても必ず給料の支払いは行わなければなりません。
私の考えでは、月商300万円クラスのショップでは、運営者一人で十分やっていけます。月商が1千万くらいになると、アルバイトを1人雇っても良いでしょう。

3.リスクが小さい

ネットショップ開業の3つのメリット、最後の1つ「リスクが小さい」です。
人は雇っていない、お店も借りていない、仕入れもほんのわずか、おまけに副業で始めたなら、最初からドカンと売れなくてもやっていける。こんなリスクの小さい商売が他にあるでしょうか。

今までは商売を始めると言うと、やはり多少なりともリスクがありました。最初に必要なスタート資金から、回転資金まで、最低でも300万、お店の内装などをシッカリ施すなら1千万近くかかります。
これらの費用が実質0!それがネットショップを開業すると言うことです。
実際には、ネットショップを開くときに借りるASPやサーバー代がかかりますが、これらもあわせても3万円程度かと思います。あとは仕入れ代金ですが、これも、売れてから仕入れると言う方法にすれば、実質仕入れ0でスタートできます(ただし、この売り方にはやり方がありますので後々書きますね)。

ネットショップ開業には、さまざまなメリットがありますが、この3つが大変大きな魅力でしょう。
さあ、あなたもネットショップ、はじめてみますか?

次へNEXT→ ネットショップ開業まずは自宅の一室でスタート >

スポンサーリンク
スポンサーリンク