ネットショップ開業まずは自宅の一室でスタート

商品
ネットショップを開業するに当たって、いったいどの「場所」で運営しようとお考えですか?
最初から「ビルの1室を借りて開業するぞ!」と意気込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
でもちょっと待ってください。
ネットショップ開業についてのメリットをお忘れですか?せっかくリスク回避できるネットショップを開業するのですから、最初が肝心です。



ネットショップ開業まずは自宅の一室でスタート

わたしが10年前の2006年にネットショップを始めたときは、賃貸で借りていた自宅アパートの一室からスタートしました。リビング兼仕事場のようなかたちです。
リビングの片隅に、パソコンとプリンターを置いて、廊下のような場所に棚を作り、そこへ商品を保管しました。商品自体は最初は30個からのスタートだったので、棚に並べたら2段くらいですべてが収まってしまいました。

ネットショップ開業に必要な広さは?

さて、自室でスタートしようと思ったとしても、実際に必要な広さって把握していますか?
ネットショップ運営の実際の仕事と言えば、パソコンに向かってショップサイトを作り、受注があれば納品書類を印刷し、梱包する作業です。

ここで、必要なスペースが

1.パソコン、パソコン台(机)
2.プリンター置き場
3.商品保管場所
4.梱包資材置き場
5.梱包作業台(机)

の5つとなります。1つずつ見ていきましょう。

1.パソコン、パソコン台(机)スペース

商品

最近では、タブレットを使ってすべてをまかなってしまう人も増えてきましたが、ここではデスクトップ型のパソコンということにします。
そうすると、パソコンと画面、それを置く台が必要になります。ネットショップを作成するに当たって、割と長時間居る場所ですので、自分の居心地の良い場所を選ぶ必要があります。
たとえば、直射日光の当たらない場所、エアコンの噴出し口に直接あたらない場所など、場所の設定から、長時間座っていることを考えて、椅子がいいのか、低い位置で座椅子がいいのか、そのあたりも好みで考える必要があります。

2.プリンター置き場スペース

プリンターなんて、適当な場所におけば良いよ・・・と思うかもしれません。でも、これが案外場所をとるんです。大きさもさまざまで、プリンターにも色々な種類があります。印刷の仕方で分類すると4種類あります。
・インパクト方式プリンタ
・レーザープリンタ
・インクジェットプリンタ
・熱転写方式プリンタ
このうち、お客様に印刷物を配布するとなると、レーザープリンタか、インクジェットプリンタが良いでしょう。
レザープリンタは、印刷方式がインクを熱で溶かして紙に転写するという方法なので、水でにじむことがありません。これが一番おすすめです。

ただし、カラーのものだと10万円前後、黒のみでも6万円くらいするため、初期投資としては少し値が張ります。また、形も大きくて、パソコンよりもかなり大きくなってしまいます。
そこでインクジェットプリンタですが、こちらは水ににじんでしまいますが、インクの種類によって水に強いものがあります。プリンタ自体は2万円台からありますので、まずはインクジェットプリンタをそろえて、水に強いインクにすると良いでしょう。サイズもレザーに比べると小さめなので、スペースもとりません。

3.商品保管場所スペース

商品を保管しておくスペースです。これは取り扱う商材によって、必要なスペースに差が出ます。化粧品のような小さいものの場合、スペースは小さくすみますが、気温変化の少ない場所が適します。
逆にスキー用品など大きな商材の場合、それに見合ったスペースが必要となります。
あくまでも「保管」するスペースなので、気温の変化が少なく、湿気が少なく、ホコリのたまりづらい場所が必須です。たとえば、押入れや作り付けのクローゼットを商材保管場所にします。もしくは、扉付きの棚を購入して、ほこりが入らないような状態にして保管します。
取り扱う商品によってスペースを確保しましょう。

4.梱包資材置き場スペース

商品

みなさん、梱包資材の置き場スペースのことを忘れていませんか。これが案外場所をとるのです。
ショップ開業の最初ですので、受注を少なく見積もり1日に3件売れるとして、10日分のダンボールでも30枚必要です。これにプチプチしたエコキャップロールやクッション性の高いビニール資材などを用意すると、すぐに2畳くらいを占めてしまいます。
実際はダンボールも30枚単位で買うと割高になるので、100枚単位で購入するのがおすすめです。そのため資材置き場スペースは、ネットショップ開業時点でしっかりと確保してください。

5.梱包作業台(机)スペース

受注後に、商品をダンボールにつめる場所です。私の場合、ネットショップ開業スタート時には自宅のダイニングテーブルで行っていました。
ただし、ダイニングテーブル兼用だったので、食事の食べこぼしや醤油などがこぼれていては大変なことになりますから、かなり注意を払って行っていました(梱包前に水拭きとから拭きをするなど)。
みなさんも、最初はダイニングテーブルやちゃぶ台の上でも十分だと思います。受注数が多くなってきたら、梱包しやすい高さの台を改めて購入すると良いでしょう。私の場合、受注が多くなってきた開業から3年目のときに高さを変えられるカウンター式の台を購入しました。

ネットショップ開業まずは自宅の一室でスタートがおすすめですが、きちんとスペースが確保できる場合の話です。もし、現在のお住まいがこれらの置き場が確保できない場合、もう1室広い部屋へ引っ越すのが良いでしょう。
あくまでも、仕事のためにもう1室借りるのではなく、自分の住処を少し広くする、という選択が正解です。

次へNEXT→ 300万円稼ぐネットショップをたった一人で運営する方法とは? >

スポンサーリンク
スポンサーリンク