【2020】無料カートは本当に使えるのか?検証してみた

ネットショップをやってみたいな~とぼんやり考えてはいるけれど、いざ始めようと思うと、何から手を付ければよいかわからない、というのはよくあることです。

当サイトのネットショップの商材選び仕入れのページを見て、すっかりお店を開く気持ちになった方には、まず最初におすすめするのが「とりあえずすぐショップカートを使ってみる」ことです。

ショップカートを使ってみれば、管理画面などを使うことによってショップ運営の中身が一目瞭然です。何を用意すればいいのか、どういったものがまだ足りないのか、管理画面を見ることでわかりやすくなります。

ネットショップの運営方法は、実際に始めてみてわかることがとても多く、管理画面にはネットショップ管理者がすべきことがギュッと詰まっています。ショップの管理画面をひとつひとつクリックして眺めてみると、実際にやるべきことが良くわかります。



ショップカートの管理画面で試してみる

例えば、お支払方法を入力する管理画面では、ひとまずは自分の会社(もしくは個人の)振込口座を記入することができます。でも、クレジットカード決済やコンビニ決済方法は記入できません。

ここで、クレジットカード会社との契約が必要だな、ということがわかります。こうやって、ショップページを作っていくにあたって、一つ一つクリアしていく作業は、ショップ開設にあたってとても分かりやすいです。

そんな時に気になるのが無料ショップカートです。「無料ショップカート」とは、ネットショップが簡単に開くことができるオリジナルショップ作成サイト。ショップを運営するための機能が無料で使えて、すぐにショップが開設できます。

まず最初に、無料のカートを借りてみてネットショップの作り方を勉強してみてみるのが一番わかりやすい方法です。

ただし、無料なのでやはり、有料カートに比べると制限があります。商品登録数に限度があるとか、メルマガは発行できないとか、それぞれのカートに特徴があります。

ひとまず無料カートで練習してから、有料カートを借りるという方法もあります。(有料カートについては「おすすめレンタルカート一覧」をご覧ください)。

無料カートの違いは?

無料カートはとにかく「無料」というのが一番の特徴です。ただし、有料カートに比べると使える機能が半分以下だと考えられます。無料カートは、基本的に初期費用と月額費用が無料で、商品が売れるごとに数パーセントの利用料がかかるという仕組みになります。

初期費用は、ショップカートをレンタルするときに必要となる「入会金」のようなものですが、無料カートの場合すべて無料になります。

月額費用は、そのショップカートを利用するにあたって必要となる毎月の定額固定費、月額利用料です。無料カートの場合これらもすべて無料となっています。

では、おすすめできる6つの無料ショッピングカートについて詳しく見ていきます。

たくさんある無料カート

無料で使えるショッピングカートにはどのようなものがあるか。年会費、月会費が無料のカートをまとめてみました。

カート名 初期費用 月額費用 販売手数料 商品個数 特徴 おすすめ度
BASE 無料 無料 3% 無制限 ★★★★★
イージーマイショップ 無料 無料 無料 無制限 有料版へグレードアップできる ★★★★
STORES 無料 無料 無料 無制限 有料版へグレードアップできる ★★★★
Jimdo 無料 無料 無料 5個 ★★★
FC2カート 無料 無料 無料 無制限 ★★
ワイズカートゼロ 無料 無料 3% 100個 有料版へグレードアップできる ★★

ここに挙げたすべてのショップカートが「初期費用無料」「月額無料」です。違いはというと、販売した時にかかる「手数料」と、商品を掲載することができる「商品個数」の差です。

ショッピングカート BASE

・無料ショッピングカート「BASE
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・3%
商品登録数・・・何個でもOK(無制限)

BASEは、テレビコマーシャルで香取慎吾さんや小嶋陽菜さんが宣伝していておなじみの無料ショッピングカートです。2020年2月の時点では、ネットショップ開設実績3年連続No.1に輝いています。日本で一番使われているネットショップカートということになります。

どんな機能があるでしょうか。
BASE無料機能一覧

配送日設定
独自ドメイン
送料詳細設定
シークレットEC(会員・卸先など特定のお客様向け)
英語・外貨対応
年齢制限
ショップコイン
デジタルコンテンツ販売
定期便(定期販売ができます)
販売期間設定
予約販売
抽選販売
HTML編集
SEO設定
プレスリリース配信 ( ValuePress!)
クーポン作成
メールマガジン
レビュー機能
Yahoo!コンバージョンタグ設定
Googleコンバージョンタグ設定
納品書ダウンロード
CSV一括発送
ラッピング梱包キット

などがあります。中でも私がいいなと思ったのは、独自ドメインが使えることです(独自ドメイン取得は有料)。自分のお店のURLが自分で決められるので、長くお店を続けるには良いことだと思います。

そして、ショッピングアプリ「BASE」に自動で登録されるのも売り上げアップにつながります。このアプリは、BASEショップが集まったショッピングモールとして、600万人に利用されているショッピングアプリ。BASEでショップを作成して登録した商品は、このショッピングモール上にも自動的に表示されます。こういった、販路拡大ができる仕組みは他とは違う点ですね。

それから、使える機能がこれが無料!?と驚くくらいたくさんあります。他社にはない「シークレットEC(会員・卸先など特定のお客様向け)」設定や「デジタルコンテンツ販売」などはとても珍しく利用する価値があります。販売方法を広げてくれますね。

では、マイナス面を見てみます。マイナス面としては、販売手数料が3%かかることくらいでしょうか。ショッピングカートを使用するのは無料ですが、商品が売れて初めて、手数料がかかってきます。

10000円うれたら3%の300円をBASEに自動で引かれてしまいます。商品が売れて初めて手数料がかかるので、実質にはとてもお得なシステムですね。3%というのも、かなり低い利率だと思います。

それから、クレジットカード決済も契約できますが、お客様がクレジットカードを使って購入された場合、手数料として3.6% + 40 円がかかります。これはどんなカートでも必要になる手数料ですが、利率は各社が決めており、BASEの場合、3.6%というは、かなり良心的だと感じます。

何もかもすべて無料だ!と思って借りていると、案外有料な部分があって驚いてしまいますから、そこは事前に注意してチェックしておきましょう。

とはいえ、一般的にこれだけ低い利率で、あとはすべて無料で借りられるのは素晴らしいと思います。BASEは一度借りてみて、管理画面をじっくり触ってみてください。とてもおもしろいですよ!

ショッピングカート イージーマイショップ

・無料ショッピングカート「イージーマイショップ
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・無料
商品登録数・・・何個でもOK(無制限)
データディスク容量 ・・0.1GB

イージーマイショップは、もともと有料カートが先にあり、追加で無料カートが出来たため、機能が充実しています。古くからあるショッピングカートなので更新を重ねて使いやすさがグレードアップしています。

無料カートを借りてもっといろいろな機能をつけたくなったら、そのまま有料カートにも移行できる仕組みになっています。

イージーマイショップ機能一覧

 画像・動画作成
 スマートフォン
 タグ
 Facebook連動
 Instagramショップへの商品掲載も対応
 テンプレート
 ショッピングカート
 複数配送
 決済
 ショップ管理
 会員機能・ポイント
 ユーザー要望
 セキュリティ
 アクセス解析
 既存サイトへのショッピングカート貼り付け
 おすすめ商品、レコメンド表示
 クーポン発行
 独自ドメイン設定
商品画像がキレイになる「キレイ登録」
定期販売・頒布会
セット販売
オーダーメイド

イージーマイショップの最大の特徴は、既存のサイトへのショッピングカート貼り付けができるということ。もし自社ホームページがすでにあって、その中のコンテンツとしてショッピングページも追加したい場合には、とても便利です。そういう利用方法なら、イージーマイショップ一択になります。カートのコードをすでにあるホームページに張り付ければ、すぐにショッピングサイトに早変わりします。

そしてやっぱり、販売手数料がないのはとてもうれしいですよね。何個売れでも手数料はかかりません。さらには、イージーマイショップだけの支払い方法として「イージーペイメント」というのがあります。これは、クレジットカード会社とコンビニ支払いの契約を一度にしてくれるもので、導入費用や月額固定費が無料で、コストパフォーマンスに優れた決済サービスです。

商品登録数も制限がなくどれだけでも登録できて、たくさんの商品を並べることができるのもうれしいです。オーダーメイド販売にも対応していて、細かい注文設定が出来ます。ハンドメイド作家さんや注文家具などを受けるお店にもおすすめのショップカートです。

また、定期販売や頒布会の設定もできるので、化粧品販売や雑貨の定期購入などにも向いています。無料でこの設定ができるカートは中々ありません。

イージーマイショップのマイナス面はというと、データディスク容量 が0.1GBなところでしょう。商品登録数は無制限ですが、画像をそれぞれ乗せることを考えると、100商品以上は難しいかもしれません。

ただし、無料レンタルの場合は0.1GBですが、もっと容量が必要になってきたら、有料プラン(3.0GB)に移ることもできます。さらには、データ容量は、1G/月額¥1,000(税込) で追加もできます。有料プランだと2700円なので、無料プランのまま1G追加、としたほうが金額的にはお得になります。

私は以前このカートを利用していましたが、イージーマイショップの特徴として、管理画面がとても使いやすいです。簡素で簡単で、わかりやすい画面になっているので、ネット初心者の方でもすんなりと使えるようになっているので、一度見てみるのもおすすめです。

ショッピングカート STORES

・無料ショッピングカート「STORES
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・無料
商品登録数・・・何個でもOK(無制限)

STORES(ストアーズ)は、誰でも簡単にネットショップ(EC)作成できるショップ開設サービス。専門的な知識は不要で、豊富なテンプレートをカスタムし自分だけのショップが作れます。管理画面もとてもシンプルで使いやすいのが特徴です。

STORES機能一覧

電子チケット
定期販売
ダウンロード販売
予約販売
まとめ割引
ニュース作成
クーポン
再入荷リクエスト
Instagram販売連携
LINE連携
顧客対応
顧客管理
レビュー
英語対応
年齢制限
シークレット販売
ランキング
動画埋め込み

などがあります。特徴としては、SNS連携に強いことです。Instagramに投稿する際に、商品のタグ付けができるようになる機能があります。Instagram販売連携を使うと、ショップで表示しているアイテムが1日1回、自動で連携されるようになります。LINEにも連携していてるところも見逃せません。

そして、48種類のテンプレートでカスタム無限大なところも魅力的。おしゃれなテンプレートが多く、各テンプレートの特徴から、ショップの世界観にぴったりなものが見つけやすくなっています。動画埋め込み もできて、時代に合っていますね。電子チケット販売もできたり、ストアーズの印象としては新しい現代的なカートの印象を受けます。

マイナス面としては、決算手段に「代引き」が選べないことでしょうか。上位プランの有料プランになると選べますが、無料プランでは代引きとamazonペイが使えません。また、アクセス解析もないので、より深い分析をするには不向き化ももしれません。

とはいっても、無料でカートが借りられ、とてもおしゃれなショップがクリックで出来上がっていくのはとてもうれしいです。無料でこのデザインが使えるのか!と驚きますよ。おしゃれで今どきを優先するショップさんにSTORESはお勧めのカートです。

ショッピングカート ジンドゥー(Jimdo)

・無料ショッピングカート「Jimdo
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・無料
商品登録数・・・5個

Jimdoは、ホームページ無料サイトで、ネットショップ機能も付いているサービスです。無料でクリエイトプランを選ぶと、ショッピングカート機能も利用できます。ブログやショップ機能を搭載したコーディング可能な「ジンドゥークリエイター」にてショップが開けます。

Jimdo機能一覧

送料詳細設定
会員ページ
英語対応
インスタ連携
SEO設定
Google Analytics
お好みテンプレート
オリジナルカスタマイズ
Paypal、Stripe、代金引換・銀行振込
在庫数
リストやスライドでの表示
ブログ
出店・販売手数料なし
商品カタログコンテンツ

Jimdoは、商品点数が5個までなら無料で使えるネットショップです。実店舗の予備として利用したり、副業での開設や、特別な数点の商品だけを販売するショップなどに向いています。

販売手数料も無料で、もちろんドメイン代やホームページ利用料も無料。クリックしていくと、すぐに自分のネットショップが出来上がる仕組みになっています。プラットホームがとても簡単なので、ネットが苦手な方にもおすすめ。また、運営は安心のKDDIグループなので、信頼性が高く安心して運営できます。

Jimdoはもともとがホームページ開設のためのサービスなので、ブログや自社サイトなども作れますし、ネットショップを閉店したとしても、そのままブログなどで利用もできます。

マイナス面は、5商品しか掲載できないことです。実際にたくさん商品があるショップはこちらは使えません。あくまでも、特別な何か数点を販売するサイトや、実店舗の案内用に仮店舗として運営する場合におすすめになります。

ただ、ブログなども書けますので、実店舗を持っていて、ネットは苦手だけど時代に合わせて何かしら作りたい、というネット初心者さんにはおすすめです。コラボ企画やイベント企画用としてのショップとしても手軽に開ける仕組みになっています。サブサイトとして無料で作っておくと、イベントの告知やセールの宣伝などが出来て、何かと便利ですよ。

ショッピングカート FC2無料カート

・無料ショッピングカート「FC2カート
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・無料
商品登録数・・・何個でもOK(無制限)

FC2カートは、ホームページ無料サイトのFC2が提供する無料のショッピングカートです。有料プランもあります。

FC2機能一覧
ディスク容量50MB
ダウンロード販売
スマートフォン対応
HTML・CSS編集
商品一括登録(CSV)
フリーページ作成
ポイント
年齢認証
注文管理
納品書発行
アクセス解析
在庫設定
デザインンプレート
アンケート機能

FC2無料カートは、販売手数料も無料で手軽に始められるショッピングカートです。登録商品も無制限なので、細かい商品がたくさんあるショップに向いています。

また、FC2が独自に運営している「FC2モール」にも自動で出店できるところが特徴です。自社ショッピングサイトに加えて、モールでの販路が拡大できるので、売り上げアップが期待できます。

FC2無料カートのマイナス面は、使える機能が有料プランに比べるとぐっと少ないことです。例えばメールマガジン配信や、売り上げデータダウンロード、月別費別の売り上げ管理などが出来ません。売り上げの管理機能が少ないので、長期的に計画を立ててショップを運営するには向かないかもしれません。

短期イベント用ショップや、企画ものの販売、コラボ商品の宣伝目的などで、サブショップとして使うのにはおすすめです。

ショッピングカート ワイズカートゼロ

・無料ショッピングカート「ワイズカートゼロ
初期費用・・・無料
月費用・・・無料
販売手数料・・・3%
商品登録数・・・100個

ワイズカートゼロは、100個までの商品が無料で掲載できるショッピングカートです。1商品が売れるごとに販売手数料が3%かかります。

ワイズカートゼロ機能一覧
テンプレート
128bitSSL暗号化
HTMLページ編集
代金引換

ワイズカートゼロは、ミニマムな管理機能で簡単に運営できるショップカートです。商品数が100個までなので、ある程度商品数が限られたショップに向いています。もともとは有料カートを扱っているサイトなので、管理画面は何度も更新されており使い勝手が良いです。

ワイズカートゼロのマイナス面は、有料カートに比べると使える機能がかなり限られているところです。無料プランの場合モバイル(スマホ)にも対応できませんし(1万円にて設定可能)、独自ドメインやメルマガ機能もありません。

こちらもFC2カート同様に、短期のショップ開設やイベント用、コラボ企画用などに使うと良いでしょう。

ずばり!おすすめの無料ショッピングカートは?

ずばり、無料カートで使えるカートとしては、BASEイージーマイショップSTORESくらいまででしょうか。

これから長くネットショップを続けていこうと思うと、ある程度の機能がないと後々に困ってくることがあります。そのため、最低限必要な機能がそろっているのはこの3つかなと思います。手始めに無料カートで管理画面の様子や、ネットショップとはなんたるかをで学んでみてから、実際に使うのは有料カートを借りる、という方法が賢いかもしれません。

もちろん、コストをかけたくない、とりあえず出店してみたい、という方には無料のショッピングカートはおすすめです。「使える」無料カートを厳選してみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

有料カートのおすすめ一覧はこちら




スポンサーリンク
スポンサーリンク