【リピーター獲得方法】1.景品・プレゼントで集客

順調に商品が売れ始めたら、やりがいもアップしてますますネットショップ運営が楽しくなりますよね。そんな好調な状態をキープするためには、「リピーター」を何が何でも獲得する必要があります。そもそも、初回のお客様を得るためには莫大な広告費や時間、アイデアを費やす必要があります。そうやって必死になった結果得た、初回のお客様には、ぜひとも再度お越しいただきたいと思いますよね。そう、リピーターになっていただきたいのです。

そのためには、やはりショップに魅力がないとなかなか再来店は望めません。ましてや、リピーター獲得のための手段を一切行わず、サービスや顧客満足度アップの策を一切行っていないのでは、ショップにリピーターは付かないでしょう。今回は、初回のお客様が2回目、訪れていただくための「リピーター獲得方法」を伝授します。

景品・プレゼント

一度でも当店で品物を購入してくださったお客様は、本当にありがたく、とても嬉しいく思います。その気持ちを「景品」で表すのです。心で思っているだけは全く伝わりません。やはり、目に見える何かで心から感謝の意を表したいと思います。そのためには、一番判りやすいのが「プレゼント」です。では、どういったタイミングで、どういった内容のものをプレゼントすればよいのでしょうか。

~円以上ご購入で○○プレゼント

当店の平均単価率が4500円だったとします。その場合、トップページやメールマガジンで以下の案内を出します。

「期間内に1度のご購入で5,000円以上購入のお客様には、当店で大人気の消せるボールペン「ダッシュペン」を1本プレゼント!」

5000円以上なので、仕入れ値は50円以下のものを用意します(10%未満)。当店ではだいたい、販売価格の10%未満のプレゼントをすることにしていました。これ以上になると経費を圧迫しますし、少しでも黒字に転じるよう10%までが限度でした。しかしこれは、景品法と言う法律があり、つけられるおまけの上限価格が決まっています。おまけのことを総付景品(商品を購入してくれた人全員に景品を提供すること)といい、この場合、景品の価格は商品価格の1/5までとする、となっています。つまり、5000円の商品の場合、1000円までの景品をつけて良いことになります。注意たいしたのが、景品は販売価格(定価)換算となりますので、売値が1000円までのものとなります。法律的には、5000円以上ご購入で1000円程度の物をつけることが出来ます。

これを覚えておくともしものときに便利です。たとえば何千個と仕入れた商品がサッパリ売れず、思い切ってお客様にタダでお配りしよう、と考えたときにこの法律を思い出してくださいね。その商品が仕入れ値は200円でも、販売価格が3000円のものだったとします。その場合、15000円以上ご購入いただいた方にしか、おまけでプレゼントしてはいけないのです。法律を守らずに罰金を命ぜられることもあるので注意しましょう(利益の5%の罰金)。

アンケートに答えて○○プレゼント

ご購入いただいたお客様の、注文画面の1ブロックに、簡単なアンケートを配置します。最近のレンタルカートには、こういったアンケート画面をつけることが出来るものがほとんです。その機能を使い、アンケートに答えてくれた方にはハンカチをプレゼントします。もしもアンケート画面がないようでしたら、注文画面の最後のフリーテキスト欄をつかってアンケートをとることもできますね。この企画も、メルマガやショップのトップページ、ツイッターやSNSで告知しましょう。ちょっと購入をためらっていた商品や、先送りにしていた買い物がある方などが、どうせ買うなら今がお得だな、と思っていただけるよう、こういったプレゼント企画でお客様を呼び込みます。

イベントプレゼント

この場合は、季節のイベントに合わせてのプレゼントになります。機関プレゼントともいえます。たとえば、「10月20日~10月31日までの間にご購入いただいたお客様全員に、ハロウィン消しゴムをプレゼント!」などとします。季節のイベントは気持ちが上がり、なんとなくウキウキとしてイベントに参加したくなるものです。ハロウィンやバレンタインデー、ひな祭りや秋分の日など、イベント項目は正直なんでも良いのです。イベントの高揚感、季節限定のお値打ち感を出して、今だけもらえる特別なプレゼント、を提供します。もちろん、イベント名に合った商品をプレゼントしてくださいね。バレンタインデーにはハート型のメモ帳、秋分の日にはモミジ模様のタオルハンカチといった具合です。

スタンプラリープレゼント

クイズやスタンプラリー形式で、お客様と一緒に遊びながら、集客をします。これもアイデア一つで色々なパターンを考えられます。例えば、「ショップページ内のどこかに☆マークで囲まれた3つのひらがながあります、それを3つとも探して記入してください!当たった方の中から抽選で3名さまに当店オリジナルエコバッグをプレゼントします!」なんてことができます。判りやすいようにヒントも出しておきます。「ヒントは星のマークにちなんで、睡眠関係のページだよ」などと言う風に、誰もが見つけやすいように、判りやすいところにしておきます。解答ページを作るのがたいへんならば、こちらもやはり、注文画面最後のフリーテキスト欄に記入してもらうようにしてもOK。その場合、全プレ内容にしても良いですね。

このように、集客方法・リピーター獲得方法の一つとして「プレゼント」があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク