売上げアップ!集客方法1.メールマガジンのテンプレート公開!


ショップをオープンしたらまず最初にしなければいけないのが、メールマガジン購読者の獲得です。基本的には一度お買い物をして下さった顧客が、メルマが購読もしてくれるのが一番理想的です。すでにショップを信頼してくれて買い物をしてくれている実績があるので、メールでお知らせを送ると読んでくれる率が高く、また再度来店してくれる率もかなり高くなります。
実際に、カートの最後に「このお店のメルマガを購読する」というチェックボックスが入っているカートがほとんどです。たとえば、私のおすすめするカラーミーショップでも、カート内にメルマが登録が出来るシステムになっていますので、ほとんどのお客様が購読してくれます。

お店をオープンしてある程度販売実績が出来たら、オープン1ヶ月目にはメルマが配信を始めましょう。最初はあせらずに、お買い上げいただいたお客様向けに、心からのサービスとして企画を考え、配信します。



メールマガジンのテンプレート

それでは、メールマガジンのテキスト版テンプレートを公開します。

★まず最初は自社の看板を載せます
– – – – ↓↓ ここからテンプレート ↓↓ – – – – – –

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

ありがとうショップからお知らせ 2018.9.5

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

★次に、お礼の言葉を書きます。

 いつもありがとうショップをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

ここまで——————–

★それから目次を描きます

– – – – ↓↓ ここからテンプレート ↓↓ – – – – – –

————————————–
1.期間限定キャンペーンのお知らせ
2.新商品入荷しました!
3.まみ店長が選ぶ夏におすすめの扇子ベスト3
4.今週の営業時間のお知らせ
5.まみ店長の編集後記
————————————–

ここまで———————-

★こんな感じで、キャンペーンを企画したり、店長のカラーを出していきます。

あとは項目ごとに、文章を考えて書いていきます。では順番にテンプレートを書いていきますね。

メールマガジンのテンプレート例

– – – – ↓↓ ここからテンプレート ↓↓ – – – – – –

1.期間限定キャンペーンのお知らせ

みなさんこんにちは!季節はすっかり夏ですね。

こんな暑い日が続いていると気分もモヤモヤしてきます。。。

なにかスカっとするような、嬉しいことはないかな~

そこでうれしいキャンペーンを考えました!!

本日より3日間限定で、

5000円以上お買い物して下さった方全員に

かわいい「しろくまさんのアイマスク」をプレゼントします!!!

こんなアイマスクです→アイマスクを見る

どうですか?かわいいでしょ♪

——-ここまで—————–

いかがですか?

こんな風に、お客様に喜ばれるサービスを考えて、キャンペーンを行っていきます。もちろん、集客しなけば意味が無いので、URLを貼って、クリックを促します。キャンペーンは、「限定」であることが前提となります。限定であれば、今でなくちゃお得な情報が得られない、という気持ちになって、クリック率も高くなります。
限定には
・期間限定・・・・本日より3日間限定、など
・個数限定・・・限定30個まで など
・ターゲット限定・・・5000円以上お買い上げの方のみ、など
などがあります。

メルマガのテンプレート

さてさて、メルマガの書き方の続きです!

– – – – ↓↓ ここからテンプレート ↓↓ – – – – – –

2.新商品入荷しました!

大人気シリーズ○○のかわいいスマホケースが入荷しました!

見た目もキュートで使い心地もとっても快適なケースになっていますよ♪

色は3色から選べます→ 色を見る

★○○シリーズスマホケース 2600円

めちゃくちゃかわいいですよね!ケース右上のマークがポイントですね♪
—-ここまで——————-

どうですか?クリックしたくなりましたか?
どんな画像だろう、マークってなんだろう、と画像が見たくなりますよね。短い文章だけで買いたいと思わせるのはとてもハードルが高いので、まずは「どんなだろう?」と、興味を持ってもらうことを考えてメルマガを書きます。この場合、スマホケースですが、色は3色あると書いたものの、何色があるかはクリックしてみないとわからないようにしています。
また、画像を見た人だけで共有できる情報(ケース右上のマーク)を書いて、興味を持ってもらいます。ただ新商品が入荷したとだけ書いても、クリックしてもらう壁を乗り越えるのは難しいんです。あとひと手間、あと一つ行動に出てもらうためには、とにかく「興味を持ってもらえているか」を常に考えます。

それでは次のテンプレートです。

– – – – ↓↓ ここからテンプレート ↓↓ – – – – – –

3.まみ店長が選ぶ夏におすすめの扇子ベスト3

これだけ毎日暑い日が続くと、外出先でもじんわりと汗が吹き出てきて

脇や背中が濡れてしまい恥ずかしいことがあります。

そんな時には、出先でも気軽に涼しくなれる「扇子(せんす)」がおすすめです!

うちわと違って小さくたためるし、骨組みもしっかりしていて耐久性があります。

最近ではおしゃれなデザインのせんすが多くなってきて、

若い女性の間でも人気が出てきています♪

そこで、わたしがじっくりと、かわいいものを探して見つけてきましたよ!

まみ店長が選んだおすすめベスト3をご紹介します!

第3位は・・・・
 金魚模様の黒いセンス  680円

第2位は・・・
ハワイアン・ハイビスカス模様センス 800円

そして第1位は・・・・
○○○がたくさん散りばめられた驚きのセンス 520円

—ここまで———————

さて、ここのポイントはどこかわかりますか?3つポイントがあります。
1つ目のポイントは、「まみ店長」と、メルマガを書いている人をはっきりさせていること。個人名をしっかりと出すことで、身近に感じてもらい、また信頼性がアップします。コミュニケーションを取っている感覚になり、言葉がすんなりと入ってきます。
ポイント2つめは、順位を3位から発表していること。低いほうから発表して、気分を盛り上げます。
そして、3つ目のポイントは、第1位の商品名を伏字にしていることが最大のポイントです。
メルマガで商品の紹介をしたいのに、伏字にするなんて!とおかしいと思うかもしれませんが、そもそもメルマガは「サイトへ飛んできてもらうためのツール」です。メルマガで全てが完結してしまったら、ショップ来店してくれませんよね。
メルマガではあくまでも「さわり」だけの紹介にとどめるのがミソなんです。さわりでどれだけ心をつかめるか、興味を持ってもらえるかが全てになってきます。
ですから、メルマガでは「情報は小出しに、さわりだけを書く」ことを頭においておきましょう。

基本的な連絡事項も忘れずに

メルマガでは、基本的な連絡事項も伝えることが出来ます。たとえば、祝日が入る週ならば、「金曜日は祝日のため発送はお休みになりますので、木曜日以降にご注文された商品は翌週の月曜日の発送となります」、などといった、営業上大切なお知らせをお伝えすることができるのがメルマガツールです。
こういった基本的な営業の連絡事項をしておくことで、トラブルを減らすことが出来ます。特に大切なのがお休みの日のお知らせと、送料などが変更になったときや何か変更点が出たときのお知らせはしっかりしておきましょう。

編集後記が一番読み応えがある!

そして、私が一番おすすめしたいのが、編集後記を書くことです。
編集後記って何を書けばいいの?と思うかもしれませんが、ここでどれだけ「ファン」を獲得できるかが、ショップの将来を決めるといっても過言ではありません。
編集後記は店長の「人となり」が出せる唯一の場所。この場合「まみ店長」の人気を上げるコーナーで、ファンをどれだけ増やすか、まみ店長のファンがどれだけ増えるか、それがひいては、メルマガを続けて読みたい、次のメルマガが楽しみだと思わせることに繋がります。顧客をつかんで離さないためのお客様とのコミュニケーションの場所となります。それらを全てこの「後記」にかけて書いてみてください。

たとえば、万年筆を売っているショップだとしますね。
————-
こんにちは!まみ店長です。先日、当店で一番人気の○○万年筆を、私の父親にプレゼントしました。実は、父は今年還暦を向かえ(私の年齢層がばれてしまいますが・・汗)、ここらで大きなプレゼントをしたいと考えました!そこで何をプレゼントしたらいいか、考えていたんですが、同僚の田中君に「店長、あなたどこで働いてるんですか(笑)」といわれ、そうだよね、万年筆ショップだよね、万年筆を送るのが一番よね!!と、当たり前のことに気づかされました。毎日毎日万年筆のことばかり考えており、あまりに身近すぎて、すっかり自分で買うという選択肢を忘れていたんですよ(トホホ)。そして・・・・・・・・・・・・・・・

—————-

という風に、友達に話しかけるように書いてみるのも一つの例です。

メールマガジンは、お店に来てもらうための1つの広告手段です。どうやったらURLをクリックしてお店まで見に来てくれるか、ということを念頭に置いて執筆します。
基本は
・限定キャンペーン
・喫緊のお知らせ
・ニーズにあった読み物
などが書かれていれば、お客様も読んでいて楽しいですよね。また来週のメルマガを楽しみにしてくれるよう、こちらも精一杯の気持ちで書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク