ネットショップ開業に向けて~税理士と契約する


会計、税、数字が苦手な私は、ネットショップオープン後の最初の確定申告時に、すぐに税理士さんと契約をしました。
最初の確定申告時期には、多少なりとも売上げがあり、収入があるため確定申告しなければいけない状況になっていました。しかし、とにかく数字に弱い私。自分で申告のためのソフトを使って申告したほうが安く上がることはわかっていましたが、数字を見るだけで寒気がしてくる性質なので、その手間と時間をお金で解決しよう、と決めて、税理士さんと契約することにしました。

そこで一番最初にしたのが、「税理士ドットコム」での税理士さん探しです。
近所の税理士さんを検索したところで、単に地図が出てくるだけで詳しい内容は一切出てきません。案外、税理士事務所はHPを作っているところが少なく、なかなか良い情報にめぐり合えないのです。そこで「税理士ドットコム」に登録しているような事務所なら、ネットに強い税理士さんと出会えるだろうと思ったのです。



税理士探しから契約まで

実際に一番最初に問い合わせした「税理士ドットコム」で、10年間お世話になる税理士さんと出会えました。
どうやって探したかというと、「税理士ドットコム」のHPで、項目欄に住所と相談内容を記入するだけです。項目に沿って書き込みます。

入力する項目はとても少なくて、
住所・氏名・電話番号・メールアドレス・法人か個人か・相談内容
の6項目だけです。これを入力して送信すると、近所の税理士さんを紹介してもらえます。
実際私の場合、これだけを入力して送信したところ、近所でネットショップの会計をしてくれるという税理士さんの電話番号と税理士さんの情報を教えてもらえました。近所には税理士事務所がいくつかあったんですが、その内の1つを教えてもらい、連絡を取りやすく、すんなりと話を進めることが出来ました。
個人がいきなり電話をして問い合わせても話が通じなかったり、門前払いをくらいそうで怖いですが、こういった紹介サイトを経由すれば、相手方も直ぐに理解してくれて、こちらも気軽に話すことができて便利です。

税理士さんとの付き合い

税理士ドットコムのこちらの項目で「相談内容」の部分に、個人でネットショップを運営していて、収入があったので確定申告をしたい、という旨を書いておけば、話しはとてもスムーズに進みます。
私の体験から言うと、紹介してもらった税理士さんの事務所に出向いて、話をして、とても信頼の置けるしっかりした税理士さんでしたので、そのまま確定申告をしてもらうための契約を進めしました。その後も、事あるごとにこの税理士さんに会計をお願いし、1年後には顧問税理士になってもらい、毎日の集計まですべてやっていただきました。
売上げが多くなり法人会社にした時も、この税理士さんに全ての手続きをしてもらい、また税務署が来る「税務調査」のときにも、最初から最後まで立ち会ってもらいました。
ネットショップを運営して、それがどんどん売れて運営自体が大きく伸びていくと、法人にしたり税務調査が入ったりととにかく「お金」関係のわずらわしい手続きがとても多くなります。そうなった時にあわてないように、懇意にしている税理士さんを見つけておくと安心です。
所かまわず電話をかけて探しても、ネットに強い税理士さんとはなかなか出会えませんし、話も通じず困ることが多々あります。ネットの税理士ドットコムのような紹介サイトに登録しているような税理士事務所は、webにも強く新しい事業体形にも積極的に取り組んでいるので、ウェブ事情にも明るくて円滑に話が進みます。
税理士さんと契約したことで、とんとん拍子で確定申告の手続きまで進み、数字に弱い私でも容易に申告するこがと出来ました。

税理士さんに確定申告をお願いした場合の費用

実際に税理士さんに確定申告をしてもらうと、費用としては5万~くらいはかかりますが、税理士さんとの付き合いが広がり、また数字と首っ引きの手間と時間を考えるとコストパフォーマンスはとても良いと思います。一度限りの付き合いではなく、困ったことが合ったときに電話で相談したり、税務署での手続き方法を問い合わせたりと、知り合っておくとその後もとても助かりますよ。
実際自分で確定申告をするとなると、ソフトを購入したり遠い税務署まで出向いたりと大変です。税理士さんにお願いするといつの間にか払いすぎた税金が振り込まれており得した気分です。

税理士さん探しで、私が実際に問い合わせたのは、「税理士ドットコム」です。
これ以外にも、税理士さがしのサイトで「税理士紹介ネットワーク」というとことも信頼が置けるサイトです。この2つで問い合わせしてみて、紹介してもらった税理士さんと面会してみるといいと思います。実際に会ってみると、横柄だったり話が通じなかったりすることもあるかと思います。メールのやり取りだけではわからないこともあるので、実際に会ってみるのがポイントになります。
私が実際に会ったときには、写真で見ると気難ししそうな人だと思ったんですが、面談してみると、とてもよく笑って明るく、仕事がとてもていねいなひとだということがわかり、すぐに仲良くなってお仕事も頼める信頼関係ができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク