決済代行サービス・クレジットカード会社の導入方法

商品
経済産業省の調べで、電子商取引における支払手段の割合は、55%の人がクレジットカードを使っていることが分かりました(支払い方法について参照)。
そこで、自社ネットショップでも、クレジットカード払いの導入は必須となってきます。
では、どうやってクレジットカード会社と契約すればいいのでしょうか。



クレジットカード会社の導入方法

まずは、独自ドメインで自社ショップを開く場合です。
その場合は、クレジットカード会社1社ずつに連絡を取って、契約を進めます。

たとえば、クレジットカード決済代行の会社として有名なのが「イプシロン」です。
こちらの場合、まずホームページから必要事項を記入して審査をお願いします。
申込む決済方法・プランによって、審査期間や審査基準が異なります。
つまり、自分のネットショップがどれだけ信頼が置けるか審査され、その審査期間は約1ヶ月もかかります。
私も経験しましたが、何度も電話があったり、ネットショップの書き換えを要求されたりしました。
めんどうな審査期間がようやく終わり、めでたく審査が通ると、VISAやUCカード、JCBカードなどの決済が使えるようになります。そして、自社で借りたレンタルカートの決済方法にそれらを付け加えます。
これで、クレジットカード決済が導入されます。

しかし、これらを自分ひとりで行っていると、審査がきびしくなったり、手間がかかったりします。
また、もしも1社のクレジットカード会社の審査に落ちてしまったら、またプラス1ヶ月かけて、他社のクレジットカード会社に申し込んで、再度審査をしてもらわなければなりません。
いつまでたっても、クレカ導入が出来ない、なんて事態に陥ることもあります。

その場合はまよわず、決済代行の一括問い合わせサービスがあるのでそちらを利用すると良いでしょう(決済代行サービス 一括.jp)。
一括で10社以上のクレカ会社の問い合わせや審査が出来て、しかも料金も一切かからないので、決済代行をお考えの方にはお勧めです。

また、独自ドメインではなく、レンタルカートを借りた場合も見てみましょう。

クレジットカード会社の導入方法~CMS編

レンタルカートツールには、クレジットカード導入ツールも一緒に付随してくるものがほとんどです。
なかでも、私がお勧めしている5つのカートならすべてに、クレジットカード会社とも契約できるツールが組み込まれています。

たとえばカラーミーショップなら、さきほどの「イプシロン」への申しこみが管理画面から出来て、最短で5日間で第1審査を進めてくれます(当サイト内のカラーミーショップの説明はこちら)。

私が長年借りていたe-shopsカート2は、最短1日で審査が通る「VeriTrans Air」クレジットカードシステムが導入されています(当サイト内のe-shopsカート2の説明はこちら)。

おちゃのこネットは、管理画面からGMOペイメント、イプシロン、ゼウスなどの主要クレジットカード会社へ申請申し込みが出来るようになっています。

イージーマイショップは三菱UFJニコス・ECカード決済が、ショップサーブは8社のクレジットカード会社への申し込みが用意されています。

ネットショップを始めて開こうと考えている方には、やはりこういった、レンタルカートツールを一括で借りてしまうのが、簡単だし楽、便利だと言えますね。
とくに、ネットショップカートは使ってみないと良いものかどうかわからないので、選ぶときに本当に悩んでしまいます。
そこで、わたしが借りたことの有るレンタルカートの中から厳選して、特に良かった5つだけを紹介しています。そちらをごらん頂き、ネットショップをスタートするときの参考にしてみてくださいね(おすすめレンタルカート5つ)。

NEXT→代金引換払いの契約方法へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク